Return to site

ラントリップ公開のお知らせ

本日、走りたくなる魅力的なランニングコースを検索・投稿できるサービス「ラントリップ(Runtrip)」を正式にリリース致しました。
詳細は資料をご覧ください。

国内初!走りたくなる魅力的なランニングコースを

検索・投稿できるサービス「ラントリップ(Runtrip)」が誕生

〜地域の持つ「道」を資源に変え、持続可能な地域活性に貢献〜

株式会社ラントリップ(東京都渋谷区、代表取締役 :大森 英一郎)は、厳選されたランニングコースが簡単に見つかるWEBサービス「ラントリップ(Runtrip」を7月21日より公開します。当サービスは、旅先や出張先などでランナーが走りたくなるような魅力的な道を探すことができるサービスで、ルートマップだけでなく、荷物を置けるか・シャワーを浴びられるかといった、ランナーに必要な「拠点施設」の情報も同時に検索・投稿できる国内初の機能を備えています。ラントリップは、サーファーがいい波を求めて旅をするサーフトリップのように、いい道を走ることを目的とするランナーの移動を促進することで、世の中の「道」を資源に変えていきます。その結果、地方にある旅館やホテル・銭湯などへの新たな集客手段を提供し、地域経済の活性化に貢献します。

1:概要
  • 世界中の魅力的なランニングコースを様々な条件で簡単に検索できるサービスです。
  • 競争に依存しない新しいランニングスタイルの提案により、生涯スポーツとしてのランニングを促進します。
  • 地域にあるを資源と捉えることで、地域に新たな集客手段を提供します。
2:ランナーのニーズと地域の課題
  • 国内ランナー人口は1,000万人を超え、記録や順位といった数字に捉われない「ファンラン」志向のランナーが増えています。そんな市民ランナーの約8割が「知らない土地のいい道を走りたい」「旅先を気持ち良く走りたい」と感じています。しかし、見知らぬ土地や旅先で、気持よく快適に走れるコースの情報や、着替えや荷物置きに利用できる施設の情報を簡単に得る手段は、今までありませんでした。

ラントリップでは、ランナーが欲しい情報を効率的に届けることで、知らない土地でも迷わず自分にあったコースを見つけることができます。

  • 地域活性化のためにマラソン大会を開催する地方自治体が増えています。一方で、大会による集客効果は時間的・エリア的に局所的なため、地域の受け入れ可能なキャパシティを越えてしまい、結果的に来訪者の満足度を低下させてしまうケースも少なくありません。また、交通規制やスタッフの確保・広告費用といった実施コストを回収しきれずに、地域の疲弊に繋がってしまうケースも見受けられます。
ラントリップでは、「道」を目的としたランナーの移動を促進することで、地域を疲弊させない持続可能な集客手段を提供します。

3:サービスの機能

  • 様々な条件でコースを検索できる

ランニングや旅のスペシャリストがオススメするコースを様々な条件で簡単に検索できます。コース情報には、ルートマップだけでなく、景観画像、オススメの時間帯、信号・起伏・街灯の多さ、拠点施設の住所やシャワー・トイレの有無といった情報まで含まれています。

従来のランナー向けサービスでは、ルートマップのみの表示や、個人的なログとして公開されたデータが多く、第三者が利用しづらい状況でした。ラントリップでは、誰でも使いやすいコース情報を提供し、デザイン・機能面でも道の魅力を最大限に引き出します。

  • コースをストックできる
マイページ上で、気になるコースや訪問済みのコースなどを管理して、利用者間で閲覧しあうことができます。例えば有名ランナーや知人が行きたいと思っているコースを知ることで、思いもよらない魅力的なコースに出会えるかもしれません。また、自分が訪問したコースをコレクション化することで、次の新しいコースを探す楽しみができ、年齢や習熟度に左右されない生涯楽しめるランニング・モチベーションを手にすることができます。
  • 自慢のコースを投稿できる
自分のお気に入りのコースを投稿し、世界中に公開することができます。現在は、事前審査を受けたコースディレクター限定の機能ですが、今後はランナーを呼び込みたい施設の管理者等に向けた法人アカウントの利用も開始予定で、自社の集客やPRに繋がる機能も提供します。将来的には全てのユーザーがコースを投稿できるサービスを想定しています。
4:株式会社ラントリップについて
弊社は、サーファーがいい波を求めて旅をする「サーフトリップ」のように、ランナーがいい道を求めて旅をする「ラントリップ」というスタイルを普及させることで、ランナーに数字以外の新たなモチベーションを与え、地域に持続可能な集客手段を提供することをビジョンとしています。まずは日本国内のランナーに対して情報提供を行い、続いて2020年の東京オリンピックに向けた訪日外国人への対応、将来的には世界中のランナーと世界中の「道」を出会えるようにすることを目指しています。 代表取締役の大森自身も学生時代に箱根駅伝への出場経験を持つランナーであり、卒業後はリクルートグループを経て、観光関連企業でのPRや集客を担当。また、ランニングレッスン等を行うNPO法人の理事に就任しており、スポーツツーリズムを実践してきました。昨年東京都が主催した「次世代アントレプレナー育成事業」にて当プランが支援対象に採択され、2015年5月に株式会社ラントリップを設立しました。
サービス公開のお知らせ1
サービス公開のお知らせ2
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly