サイトへ戻る

ビットジャーニー井原正博氏がテクニカルアドバイザーとして参画

株式会社ラントリップは、テクニカルアドバイザーとして自身でもランニング・トレイルランニングをこよなく愛する井原正博氏を迎え、開発チームの強化のみならず、健康でクリエイティブなエンジニアリングカルチャーの醸成にチャレンジを始めます。

イノベーションを下支えするソフトウェアエンジニアをもっと健康に、もっとクリエイティブに。

ラントリップにおいても事業の要となっている「ソフトウェア開発」は、その多くが専門職のエンジニアの手によって行われ、そのひとつひとつの技術的イノベーションがインターネット産業のみならず、世界の産業を加速させている事実は言うまでもありませんね。我々人類がかつて経験したことのない劇的な進化のスピードに直面する中で、長い人類の歴史から見ると労働環境においても直近で大きな変化が起きています。例えば、労働時間の90%以上を座った状態でいるということが、健康上のリスクは当然として、クリエイティビティの観点でも悪影響があることが研究結果によって明らかになっています。※1

これからのイノベーションを牽引する「ソフトウェアエンジニア自身」が、心身共に健康な状態を常に保つため、各事業者や社会が後押ししていくことは中長期での産業の発展を考える上においても重要なテーマであるとラントリップでは捉えています。

技術とランニングの交差点で、井原氏との出会い。

今回テクニカルアドバイザーとしてラントリップに力添え頂く井原正博氏はヤフー、クックパッドにてエンジニア部門の部門長として技術力の向上やエンジニアリングチーム文化の強化などに携わり、ソフトウェア開発における重要な経験・知見を兼ね備えつつ、2013年から始めたランニングを通じてソフトウェアエンジニアとしての健康や、クリエイティビティに対する多くのポジティブな経験を積んできています。100マイル(約160キロ)もの距離を走破する実力・胆力を持ちつつ、ラントリップの「もっと自由に楽しく走れる世界を創る」というミッションにも深く共感して頂き、またエンジニアリングカルチャーにおける健康やクリエイティビティへの課題意識も合致し、今回の合流となりました。

今後、技術とランニングをテーマにしたミートアップやランニングイベントの企画、関連するコンテンツの配信など、様々な取り組みを実施する予定です。

ビットジャーニー 井原氏のコメント

“ 肩こりや腰痛に悩まされている多くのエンジニアの方は、走ることでそれらから開放され、本来の実力を発揮し継続的に開発を行っていくことができるようになると考えています。健康であることは、より良い開発を行うための大事な要素であると思います。

また、自分らしく生きるために、走ることは自分で自分をコントロールできる、何にも縛られないとても自由な行為だと思います。速く走ったり長い距離を走ったりする必要はなく、誰にも強制されず、自分が思うように走れば良いはずです。

今回、ラントリップの皆様と共に、より多くのエンジニアが走ることを通じて健康になったり仲間を見つけることで、今よりもさらに良い開発ができるようになるよう、微力ながら力添えできればと考えております。”

井原正博氏プロフィール

株式会社ビットジャーニー 代表取締役。ヤフー株式会社にて開発部長を務めたのち、2010年1月よりクックパッド株式会社の技術部長として技術力の向上やエンジニアの採用に従事、今日にいたる基礎をつくりあげる。2015年1月、株式会社ビットジャーニーを設立し、個人の発信を組織の力にする情報共有ツール『Kibela』を開発中。エンジニアを中心とする組織づくりに関する知見や経験を活かしたいという思いから、複数社の技術顧問を務める。
 

株式会社ビットジャーニー
Kibela – 個人の発信を組織の力にする情報共有ツール

※1:座りっぱなしでいると「健康寿命が7年短くなる可能性がある」

こんなチームで開発したいエンジニア採用中!

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK